読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

こどものようにラクに生きる

「頭・心・身体」を意識して『引き寄せの法則』を子育てとともに実践する

神々の物語を胸に伊勢神宮参拝~伊勢へ~day90

伊勢へ

こんばんは(´▽`*)

今夜は娘、一人で寝る練習をしています。

うふふ。がんばれー。

 

f:id:coraku:20170408211502j:image

神様が出てきそうだ。伊勢神宮からは神路山島路山が見えます。

 

伊勢神宮参拝日記を書いています。

 ↓

www.coraku.com

 

 ↓

www.coraku.com

 

本日は内宮

 

 

神々の物語

日本が生まれた時のお話とお伊勢さんにいらっしゃる天照大神たちの物語をサラッと解説します。

 

国生み

古事記には日本の島々が生まれたあらましが描かれています。

イザナギさん(男)イザナミさん(女)がお空から、「天の沼矛ぬほこ」で海をかき混ぜると、海水がぽたぽた落ちて島が出来て、それが後に日本と呼ばれるようになったそうです。

 

2人の神様は出来たての島に降りて結婚しました。

そして、子どもをたくさん産みました。

火の神を産んだ後、イザナミさんはなんとそれに焼き殺されてしまいます。

といっても、イザナミさんは消滅したわけではなく、黄泉の国に行きます。イザナギさんはそんなイザナミさんを追って地下にある黄泉の国へ行きます。

すると、そこには変わり果てたイザナミさんの姿が、、、(やっぱり生気がなくなってたのね)

で、イザナミさんの乙女心は深く傷つき、イザナギさんに激怒して追いかけます。

で、イザナギさんはスタコラサッサと逃げ出して、なんとか地上に出て、地下への入り口を岩でふさぎます。

 

天照大神の誕生

黄泉の国から逃げかえったイザナギさんは、地下でけがれた身体を清めるために海岸で禊祓いをします。

イザナギさんが身体を洗うたびにたくさんの神様が生まれました。

左目を洗うとアマテラス大御神、右目を洗うとツキヨミ尊、鼻を洗うとスサノオ命が生まれました。

 

天岩戸伝説

弟のスサノオ命が暴れたため、アマテラス大御神は怒りと悲しみで洞窟(天岩戸)に引きこもってしまいます。

太陽の神様が隠れたので、神様のいる天上も地上界もまっくら。

困りました。

今まで生まれた八百万の神たちは、試行錯誤。

岩戸の前で歌って踊ってどんちゃん騒ぎをしたところ、アマテラス大御神は何事かと出てきたと言います。

 

 かみさまは宇宙人?

「かみさま」って言いますが、、、

この「かみさま」と呼ばれる存在とは、この世界のすべて(ソースエネルギー・愛)や八百万の神、天使や女神、異星人や守護霊のことです。

 

目に見えない存在たちのことを総称して人間が「かみさま」と呼んでいるのですね。

 

宇宙考古学では、こういった古代の神々の神話は異星人について書かれたものだと言われます。

そういう視点で見てみるととても面白いし、なんだかしっくり来たりするのです。

 

↓そういった視点の面白いブログをご紹介。

ameblo.jp

 

 

 

さて、伊勢神宮へ話を戻します。

内宮参拝の写真とともにその時の感じたことを書いていきます。

 

 伊勢神宮(内宮)へ

 

f:id:coraku:20170408211516j:image

最初の宇治橋

五十鈴川を渡ります。

檜造りの美しい橋。俗界から聖界への架け橋。

 

f:id:coraku:20170408211749j:plain

内宮の正式名称は皇大神宮です。

 

f:id:coraku:20170408211523j:image

美しい庭園を眺めながら、まずは正宮を目指します。

 

f:id:coraku:20170408211546j:image

参道右手の傾斜を降りると、御手洗が。

清らかな五十鈴川で心身を浄化して参宮するのが古来の習わしだそう。

 

f:id:coraku:20170408211601j:image

波紋を見ながら心が落ち着くのを感じました。

 

f:id:coraku:20170408211535j:plain

一応、こちらでも手を清めて、、ほんとは瀧祭神にお参りするはずが、失念。

キャー五十鈴川の水の神様すみません!

 

f:id:coraku:20170408211614j:image

会釈して鳥居をくぐります。

 

f:id:coraku:20170408211628j:image

正宮へ続く階段。

人が鳥居の中へ引き寄せられてる~。

 

こちらでもブログを見てくださる方々のご加護と感謝をお祈りして来ました。

思い出すと、なんだか胸がいっぱいになります。

お参りしている時にフワッと風が吹いていました。

初めての参拝にドキドキしながら、、

手を合わせた後には、ほんとに頭がクリアになったことを覚えています。

そして、目の奥が開いた感じがしました。

 

静かになった頭を感じながら、荒祭宮へ。

静かに参拝しました。

 

今回、参拝する時には何を伝えようとか考えていませんでしたが、

ずっとずっと感謝の気持ちがあふれていました。

必要なことがひらめく感じでした。

 

お守りなどがある神楽殿の方へ静かに歩いていると

「開眼した」という言葉が浮かびました。

開眼した

開眼した

とつぶやきながらいると、、

 

f:id:coraku:20170408211642j:image

「あ!ミルクが流れてる~!」と娘(笑)

その後、「トイレ行きたい」と娘!!わ~!!(笑)

寒い小雨の中、夫がおんぶで急いで御厩の方のトイレへ。「ありがとう、夫」

 

 

無事スッキリした娘とともに、ダウンした夫に見送られながら、風日祈宮へ。

 

f:id:coraku:20170408211650j:image

素敵な鳥居だった。

ご機嫌な娘とお参りを済ませて、引き返しました。

 

f:id:coraku:20170408211705j:image

手水舎の裏の御池に引き寄せられました。

 

f:id:coraku:20170408211713j:image

「ここ、なんかすごいなー」と思いながら写真を撮ると、、

スマホカメラのシャッター音が「カシャ」と、、なんだか違う音で聞こえました。

何かの気配がしたような気がします。

なんだったのかなー(´・ω・`)

 

f:id:coraku:20170408211726j:image

参集殿(お茶のサービスがある無料休憩所)と呼ばれる建物のあたりにあった池の鯉。

なんだか、水の中の世界と空気のある世界があることが不思議に思えたりして。。

 

小雨で寒く、疲れてきたので、

内宮の中にある大山祇神社子安神社には行きませんでした。

また今度、参拝できるご縁があるかなー。

 

f:id:coraku:20170408211739j:image

参拝を終えた後、宇治橋

「ここに来られて良かったなー」と思いながら。

 

f:id:coraku:20170408211806j:image

寒い中、お疲れさま!

赤福ぜんざいお餅が身に沁みました(笑)

美味しかった~(´▽`*)

 

その後、またも駐車場で「8888」ナンバーと出会いました。

思い返せば、二見興玉神社も猿田彦神社も外宮も内宮も

参拝した後には必ず「8888」ナンバーを見ました。

必ずじゃないけど、「7777」「9999」もそれぞれ見ました。

 

特に「8888」は毎日見ます。

今日も見ました。

旅先でも変わらず見かけるのは面白いなーと思います。

 

「はははは」笑ってるみたい?

「母母」(笑)?

「パパパパ」(笑)?

丸の数も八個あるなーとか見かけるたびに考えて遊んでいます(´▽`*)

 

ちなみに「1188」も良く見る。

良い母かな?(笑)

 

参拝して一週間経ちました

この一週間、ふんわりしながらなんだか少し落ち込みました。

その後の通常業務も相まって身体の疲れから気力がなくなり、おとなしくすることを楽しみました。

でも、満月に合わせるように気持ちは落ち着いていきました。

 

今、結構ワクワクしてます(´▽`*)

 

 

*****

 

本日はここまで、、(´▽`*)

 

番外編で鳥羽水族館などの旅行記も書こうかなーと思っています。

また、遊びに来ていただけると嬉しいです!引き続きよろしくお願いします(*^-^*)

 

お読みいただきありがとうございました。

 

ちなみに、、、

娘は無事に一人で眠ったようです。

今日は時間をかけて娘に寄り添うことが出来ました。

ずっと、気が向かなかったけど、

ふと、やってみようかなと「今日は母さん一人で眠れるまで付き合うよ」と言って説得することが出来ました。

(この、強力に感じるふとがやってくるまではいても無駄な感じです)

何度も部屋のドアから私を呼んだけど、

三回目には「おやすみ。また明日抱っこしようね」と言いながら、自分でドアを閉めてくました(*´Д`)

 

すごいなー。

日々、前進!!

 

同じようで同じではない毎日。

明日はどんな一日にしますか?

 

一緒に「今を楽しみながら良い一日を過ごす」と決めて

心のナビを感じながら

魂に従ってラクに生きていきませんか(´ー`*)

 

良い夜を☆

また明日!!

 

 

いつも応援ありがとごぜます(*´ω`*)ポチポチ

 
にほんブログ村


にほんブログ村 

 

 

 こちらもぜひ(*^-^*)↓

www.coraku.com

  

www.coraku.com