こどものようにラクに生きる

「頭・心・身体」を意識して『引き寄せの法則』を子育てとともに実践する

伊勢神宮(外宮)お参りの仕方~伊勢へ~day88

こんばんは(´▽`*)

先日、三重県へ旅行に行きました。

 

目的は伊勢神宮参拝。

お伊勢さんへ行く前には二見興玉神社へ参って禊をすることが習わしということでまずはそちらへ行きました。 

www.coraku.com

 

 

 

次にみちひらきの神様へ先にお参りしました。

こちらは神宮の後でも良いようですが、私は先に(*^-^*)

www.coraku.com

 

目次はこちら

 

 

伊勢神宮(外宮)へ

 

伊勢神宮には、外宮内宮があります。

どちらか一方だけに参ることは「片参宮」と言われ、良くないこととされています。

二つの場所は車で10分くらいかかります。しかも結構広いので、半日から一日くらい余裕を持って回られることをお勧めします。

 

また、外宮にまず参ってから内宮へ向かうというのも習わしです。

 

というわけで、

外宮へ。

f:id:coraku:20170406192710j:image

衣食住の神様。豊受大御神。

 

伊勢神宮外宮の社伝(『止由気宮儀式帳』)では、雄略天皇の夢枕に天照大神が現れ、「自分一人では食事が安らかにできないので、丹波国の比沼真奈井(ひぬまのまない)にいる御饌の神、等由気大神(とようけのおおかみ)を近くに呼び寄せなさい」と言われたので、丹波国から伊勢国の度会に遷宮させたとされている[1]。即ち、元々は丹波の神ということになる。byウィキペディア

 

天照大神と同じく女神さまですね(´ー`*)

 

まずは火除橋という橋を通りました。

この橋、左側通行です。(ちなみに内宮は右側通行)

 

鳥居は二つ。軽く会釈して入ります。

あいにくの曇り空。でも私、曇ってけっこう好きです。

 

f:id:coraku:20170406192837j:plain

 

参道には躍動感溢れる木々が。。。

 

f:id:coraku:20170406192754j:plain

 

 

お参りの順番

 

外宮の中にはメインの正宮のほかにいくつかお参りできるお宮(別宮)があります。

 

順番としては、、 

 

①正宮(豊受大御神をお祀りする)

②多賀宮たがのみや(豊受大御神の荒魂をお祀りする。神の積極的で活動的な力強い働きを取り立てたお宮)

③土宮つちのみや(大土乃御祖神という豊受大御神が鎮座する前からこの地を守ってきた地主神をお祀りするお宮)

④風宮かぜのみや(級長津彦命と級長戸辺命という風の神をお祀りする宮。元寇の際、神風を吹かせたのがこの風宮と内宮の風日祈宮といわれる)

 

f:id:coraku:20170406192733j:image

曇り空の正宮

厳かな雰囲気でした。

なんだかフワフワとした気分でした。

無駄がそぎ落とされた建物で美しいです。

 

4歳の娘をつれて一時間半くらいですべてを回りました。

 

お参りした後の気分

気持ちの良いところでした(*^-^*)

ブログを読んでくださる方へのご加護もお祈りしてきました。

 

広い土地に昔々から鎮座される神様。

歴史に登場する武将だとか天皇だとか、、

多くの人たちがお参りしたであろう場所。

夫は「もしかしたら、強い武将なんかもこの木を触ったんじゃないか」と言いながらワクワクしてました(笑)

 

勾玉も素敵でしたよ。

空気と水と土と、、

いつも生活しているところにもあるはずの当たり前のものたちが

有難く神聖に感じました(´ー`*)

 

お参りしていて特に感じたのは、多賀宮

98段の石段を上った高台に祀られているのですが、

お参りした後にふと、「ハートが癒された」と感じました。

すると、隣でも夫が「なんか胸がすっとしたね」と言っていました。

 

夫も私もどちらかというと積極的に行動するタイプなので、

それに付随する何かが癒されたのではないかと思います。

 

実は、この後、内宮へ参拝する時には小雨が降りだしました。

こちらの風宮で、参拝中の天気の好転をお願いしていなかったなーと今、思い出しました。

 

*****

 

今回はここまで、、(´▽`*)

次はおかげ横丁を書こうかなと思います。

お読みいただきありがとうございました。

 

また明日!

 

 

いつも応援ありがとごぜます(*´ω`*)ポチポチ

 
にほんブログ村


にほんブログ村 

 

 

 こちらもぜひ(*^-^*)↓

www.coraku.com

  

www.coraku.com