こどものようにラクに生きる

「頭・心・身体」を意識して『引き寄せの法則』を子育てとともに実践する

本当の自分、出してますか?~宇宙にゆだねる~day62

こんばんは!

お庭で四つ葉のクローバーを見つけました。

(ほんとにクローバーかはわからないけど四つ葉だ!)

f:id:coraku:20170304085346j:image

初めて見つけたー(*´Д`)

ここ二日間の記事にはてなスターをつけてくださった方、ありがとうございます。

心から感謝します。(*^-^*)

 

本当の自分を見せることを怖れない

例えば

 ●お水が飲みたいな→よし飲もう→うん。良い気分。→元気になる

 ●お水が飲みたいな→取りに行くのめんどくさいから目の前のジュースでいいか

→うーん。やっぱ違う。→胃もたれ

 

思考に見合った行動をするということは、簡単なようで自然なようで…自然なんですけど、これを難しくしてしまうのが人間のようです。

 

 ●あの人が好き。一緒に居たい。→よし。仲良くなろう。→仲良くなれた。うれしい。

 ●あの人が好き。一緒にいたい。→でも、自分なんかが仲良くなれるはずがない→そういえば、あの人のこんなところは好きじゃないしな→仲良くならなくていいか。ああつまらない。

 

私はブログをはじめる前に本当の自分の望みについて、考えてみました。

で、前々回の記事の内容はもうほとんど出ていました。言葉と踊り。まだ進化しそうだけど。

ずっと、やっぱモジモジしていました。出来なかったらどうしよう。

いろいろと疑問と恐れと不安がありました。

でも、吹っ切れた。

『引き寄せの法則』を読みこむうちに宇宙の法則が腑に落ちたからだと思います。

 

本当の自分を出すというリスク

 

 

↓ジムキャリーの動画をシェアします。

日本語訳は岩瀬晃さん。晃さんは今、すごく面白いことを企画されています。

日本と海外との架け橋を面白い形で実現しようとされています。

チームのメンバーを探されて、今流行りの(?)クラウドファンディングを計画されています。興味おありの方は是非。

 

(ちなみにブログ初期からずっと記事を読ませていただいているんですが、心の動きを吐露される記事に励まされてきました。精神的ストリッパー。でも、今回の企画でだーいぶ遠くへ行かれる感じがしています。)

ameblo.jp

 

 

 

 

 

僕は、僕の父による愛とユーモアが周りに与える影響を見て育った。

そしてそれは、僕自身の目に映る世界を大きく変えた。
 
 
そして、僕は思った。

「これって、なんてすばらしいんだ」

「これは、自分がやるに値することだ」

と。
 
 
------------------------

 
プロのコメディアンとして10年の月日が過ぎた28歳のある夜、ロスアンゼルスで
 
僕は気がついたんだ。

僕の人生の目的は、ずっと

悩みや心配事から人々を解放することだったんだ、と。

父と同じように。
 

------------------------
  
  
僕と会うと、誰もが最高の「自分」になれる

そんなことを、僕はしてきたんだ。
 
 
------------------------
 
  
あなたは、どうやって世界に貢献する?

あなたが持っている才能で、人々が必要としているものはなんだろう?
  
あなたが見つけるべきことは、それだけだ。
 

------------------------ 
 
 
僕は、自分の経験から言える。

あなたが誰かに対して与える影響こそ、

最高に価値のある通貨だ、と。
  
 
-----------------------
 
  
僕たちは

僕たちが作りあげた化身ではなく

映画に出てくる映像でもない

僕らは輝く光なんだ。

そして、それ以外はすべて、煙であり、鏡なんだ。

それらは僕らを紛らわすけれども、でも、本当の意味で影響を与えることはないんだ。
 

------------------------ 
 
 
僕らが求める「それ」は

僕らの人格ではなく

僕らが他人をどう見るかでもなく

発明や偽装でもなく

努力すらも超えたところにある
 
  
このゲームにあなたは参加することはできる

争って、戦って、

いろんなやり方でトライすることもできる
 
 
でも

ホントウの「平和」を手に入れるには

あなたは「鎧」を脱ぎ捨てなければならない。
 

------------------------ 
 
 
あなたが、「受け入れてもらう」ことを世界に求めると

この世界からあなたは「見えない人」になってしまう。
 
 
輝く光を、何物にも遮らせてはいけない。

最高のあなたを「見られる」という、リスクを冒すんだ。
 

------------------------ 
 
 
僕はこれまで、夢や富や名声を人々が手に入れることを望んでいると、よく口にしてきました。

なぜなら、そうすることで、「満たされる」という感覚が、そんなものからは得られないないのだということに、人々が気づくことができるからです。
 

------------------------ 
 
 
あなた方の多くと同じように、僕も、世の中に出て自分よりも大きなことに取り組むことを不安に思っていました。

しかし、自分よりも賢いある人が、自分よりも大きなものは存在しないということに気づかせてくれたのです。
 

------------------------ 
 
 
僕らの目は、ただ「見る」だけのものではなく、「映し出す」ものでもあります。

目の前で見えてるものとは別のストーリーを、常に上映しているのです。

そのストーリーを書いているのは「怖れ」であり、

そのストーリーのタイトルは、「絶対、私にはムリ」。
 
 
------------------
 

僕は、困難に遭遇した時、それを何か有益なものだと意図的に捉えるようにしているんだ。

そうすれば、その困難に、最も建設的に取り組むことができるから。

あなたは、あなたのスタイルでやればいいんだ。それも楽しみの一つだから。
 
 
------------------------ 
 
 
人生における出来事は
 
あなた「に」起きるものじゃない。

あなたの「ために」起きるのだ。
 
  
------------------------ 
 
 
あなたの選択肢は、ただ二つ。

「愛」か、「怖れ」か、だ。
  
いつでも「愛」を選ぼう。

そして、決して「怖れ」に、あなたの遊び心を消させてはいけない。
 
 
------------------------ 
 
  
最後に残るのは、

最初からあなたの心にあったものだ。
 

------------------------ 
  
  
僕の魂が、僕の体の中にあるのではない。

僕の体が、僕の無限の魂の中にあるのだ。
 
 
------------------------
   
  
あなたは、したくないことをしても失敗する可能性がある。

だったら、自分が好きなことをしてみることに挑戦した方がいいじゃないか。
 
 
------------------------ 
 
 
力を抜いて、いい人生を夢見ようよ。
 
 
------------------------
  
  
あなたは人生のすべての時間を、亡霊に怯え、未来に怯えることに費すこともできる。

でも、実際に存在するのは、「いま、ここ」で起きていることだけなんだ。

そして、今この瞬間に、「愛」か「怖れ」かで選ぶ決断だけなんだ。
 
 
------------------------
  
  
僕らの多くが、「現実」という名の見せかけの「怖れ」によって、選ぶ道を決めてしまう。
  
僕らが本当に欲しいと思うものは、あまりに非現実的で、手に入りそうになくて、期待するのなんてバカバカしく思えるから、僕らは、それらを欲しいなんて宇宙にお願いすることをしない。
 
で、僕が言ってるのは

「あなたがそれをお願いしてもいいんだっていう証拠が、”僕”なんだ」

ってことなんだよ。
 
 
------------------------
 

 

 

エゴって何だと思いますか?

よく、エゴが邪魔をするっていいますよね。

 

エゴっていうのは「恐れ」のことです。

「恐れ」が自分を隠してしまう。エゴは自分の本当のやりたいことを隠してしまうものです。

 

 もう一度↓

 

あなたが、「受け入れてもらう」ことを世界に求めると

この世界からあなたは「見えない人」になってしまう。
 
 
輝く光を、何物にも遮らせてはいけない。

最高のあなたを「見られる」という、リスクを冒すんだ。
 

 

 

私たちはただそれだけで素晴らしい存在です。

生まれたての赤ちゃんの輝きは数年で消えてしまうわけではありません。

私の中にもあなたの中にもその輝きは残っているのです。

 

ただただ、自分のやりたいことをやりにこの世に生まれてきたのですから。

たくさんの自分の食べたいものを食べ、飲みたいものを飲み、好きな人と大切な話をし、嫌いな人とも大切な話をし、喜怒哀楽を味わい尽くすために産まれたのですから。

 

 もう一度↓

 

あなたの選択肢は、ただ二つ。

「愛」か、「怖れ」か、だ。
  
いつでも「愛」を選ぼう。

そして、決して「怖れ」に、あなたの遊び心を消させてはいけない。
 

 

 

宇宙の法則を意識している今、ジムキャリーさんの言葉がすごーくしみ込んできます。

そして、この訳をされた晃さんのその後の気づきも面白くてワクワクするなーと思いました。

 

 

「今の」僕にとって

 

「夢」のようなこと

 

「ワクワク」すること

 

「非現実的そうなこと」

 

ってなんなんだろうって思ったときに

 

 

 

 

思いついたのが

 

俺が、大好きな温泉や素晴らしい全国各地のスポットを観光しまくって

 

おいしいものを食べて

 

それ自体がお金になるようなことってありえないのかなーーーー

 

ってこと。

 

 

 

 

そんながもし現実になったら

 

チョーーーーーウケるじゃないですか。

 

ameblo.jp

 うん。ウケる。

もともと英会話の本も出版されている方です。

得意な英語と大好きな観光と外国人とのコミュニケーション。

なんだかパズルのピースがピシッとあった感じがして、とても素敵だなーと思いました(*^-^*)

 

*****

 

長くなりました。

今日はこの辺で(*^^)v

お読みくださりありがとうございます。

また明日!

 

いつも応援ありがとごぜます(*^-^*)


にほんブログ村 


にほんブログ村 

 

 

 

 よければこちらも↓

www.coraku.com

 

www.coraku.com