こどものようにラクに生きる

「頭・心・身体」を意識して『引き寄せの法則』を子育てとともに実践する

2つの月と宇宙船(ヒカリヘmiwa)~意図的に創造する~day39

こんばんは!

今日も良い天気!雨の日もオツなもんですが、やっぱり青い空は素直に気分良くなれます。

私は3歳まで海の側で育ちました。

よくオーシャンビューの部屋(アパート)の柵のベランダから足を出してブラブラしながら、海と空を眺めていたそうです。

空を見上げるとその頃の自分とつながるような気がします。

 

今日の話は物事のイメージが変わったという体験談です。

 

宇宙人

 

 f:id:coraku:20170207224424j:image

 ↑エンリケ・バリオス『アミ 小さな宇宙人』

 

引き寄せの法則と同じようなジャンルでおすすめされるこちらをなんでだか発注して読んでみました。

サラッと読めました。数時間で。かわいくてフワフワしていました。

小学校になったら、娘にも読んでほしいな。

この本のテーマは愛です。この世界には”愛の法”があるということを宇宙人が地球の子どもに教えるお話。

 

いや、この愛っていうのは至極まっとうなありふれた美しい愛です。

取り立てて神聖で手の届かないような特別な何かというわけではありません。

幼い頃からよく言われていた、人にやさしくしましょうということ。

でもね、重要なのは愛以外のことがこの地球には多いってこと。

余分なものが多いから、愛を信じられない。

この余分なものを外すために人生の学びがあってそして愛を与える喜びがあるんだろうなと思ったりしました。

 

しかし、今まで絵本や本やテレビで見てた宇宙人ってタコみたいに脚がいっぱいあったり、グレーの身体で目が大きくて気持ち悪かったなー。そういえば、それでも私はなぜか小学生の頃、宇宙人の顔のマークのTシャツがお気に入りでした。

こんなにかわいい宇宙人だったら大歓迎(笑)さくらももこさんの絵ってほんとにかわいい。

そういえば、エイブラハムさんも宇宙人ですね。

 

夢のはなし

『アミ 小さな宇宙人』の主人公の子どもが初めて宇宙船を目の当たりにして、ものすごい恐怖を感じるシーンがあるのですが、私、それを夢に観たことがあります。

このカテゴリーは「創造する(二つの月と宇宙船)」としているのですが、これは私が去年の秋に見た夢のことです。

夢の中で夜、星空を見上げていたら、遠くにきれいな月が見えました。ほらほらーって隣にいた誰かに教えようとしたら、突然、手前の方に大きな月がドーンと出てきて、画面の下から徐々に宇宙船が上がってきて…(夜空に大きな透明なスクリーンがあってそこに映し出される感じでした)

その後は何やらわからないけど、古いような新しいようなイギリスっぽい建物がバーッと見えてきて…こわいよこわいよーって寝ながらプルプルしている夢でした。

こんな夢を見たのは初めて。

起きた後、気になって調べてみたら、月が二つ出てくるのも宇宙船が出てくるのもなかなか良い夢のようで喜びました。でも、あの恐怖にはなんだか残念な感じを覚えていました。恐怖じゃなくて好奇心で見ていたらもっと面白かっただろうなーって。

でも、怖くて当たり前だわ(笑)

 

「落ちついて、だいじょうぶだ。なにもこわいことなんかないよ。」byアミ

 

無駄のない美しい作業

昨日、家族愛について書いた記事にmiwaさんの曲を載せました。

 

www.coraku.com

 

先日、A-studioという番組に彼女が出ていたのですが、慶応大学出身でとっても真面目なmiwaさん。中学生くらいから勉強をしながらシンガーソングライターになるためにボイトレやギターを習ったりとコツコツと頑張っていたそうです。

高校時代には学校にも友達にも内緒でたった一人でライブハウスに出演交渉してライブしたりしていたそう!

座右の銘は「千里の道も一歩より」(笑)

 

地に足をつけながら、夢に向かってキラキラがんばってきたんだなと感じさせて貰える内容でした。ワクワクしながら行動する。これは私の中ではまさに”引き寄せ”って感じです。

上の記事で紹介した『ヒカリヘ』の歌詞にもあります。

運命だって引き寄せて輝き続けたいよ

奇跡だって起こせるって信じたい

miwa『ヒカリヘ』

 

着々と夢に向かってワクワクと一歩一歩を大切に歩んできたんだなーって。

 

以前の私だったら、夢を見ることの楽しさもコツコツと一歩を大切にする充実感も分らなかったので、ふーーーんくらいにしか思っていなかったと思います。

「そんなことして、やっぱりなんか特別な才能とかがあったからじゃない?」って。

目の前のことを地道にコツコツやることがこんなに美しくて無駄のない素敵な作業だとは知りませんでしたから。

美しくて素敵な作業って、、それこそカメハメハーって光線出すみたいな特別なことだと思ってました。一発で完了!みたいな簡単さがいいしね(笑)

地道にコツコツってなんだか時間がかかりそうな上に地味で面白くなくて、辛いことにも淡々と耐えなきゃいけないってイメージだったもん。だからぜーんぜん魅力的に思えなかった。

でも、違った。

イメージの転換。段取りつけてコツコツやるのってワクワクしながら一歩一歩を大切にする素敵な作業だったんだ。

しかも、これなら誰でもできるじゃん!

 

このことに気づき始めてる方が私の周りにも見つけられるようになってきました。

 

この世界でやっていこうと決めました。

あとは証明したいなー。

 

今日はこの辺で。

お読みいただきありがとうございます。

また明日(´▽`*)

 

よければ応援おねげします。


にほんブログ村 


にほんブログ村 

 

こちらもぜひ↓

 

www.coraku.com

 

 

www.coraku.com