読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

こどものようにラクに生きる

「頭・心・身体」を意識して『引き寄せの法則』を子育てとともに実践する

良い気分の作り方 ~日々気分良く過ごす~day37

こんばんは。

今日は数年ぶりにスケートへ行ってきました。

スケート靴が硬くて、骨ばった私の足の形に合わず、痛くなってしまいましたが、楽しかったです。

夫は元スピードスケート部なのでスイスイ楽しそうで。

娘のリードをうまい具合にしてくれて、娘も数時間ハマって滑っておりました。

最後は娘一人で外周を滑れる(歩ける?)ように(*^-^*)

子どもの集中力と粘り強さに感動です。

(私は足の痛さに耐え切れず(;´д`)座ってゆっくりさせてもらいました~)

 

f:id:coraku:20170205213021j:image

 

嫌な気分を置いていく

夕方の娘。

スケートを終えて疲れたのかややぐずりモード。

夕食の買い出しをしたかったのですが、汚れたズボンを着替えたいと言い張って一度帰宅。今度は三つ編みにしたいと言いだして三つ編みに。。。私はややイライラ。

また出かけてからも「お買い物終わって帰ったら何をしたらいいかわからない!母さん考えて!テレビも朝観たから観れないし、お家のおもちゃももう面白くないし!全部楽しくない!」とぐだぐだ。

こりゃ、疲れが嫌な思考を引き寄せているのだな。と思い、

「大丈夫。今はお家じゃないからそんなこと考えなくていいんじゃない?そんな嫌なこと考えなくていいよ~」と言ってみたら、

すんなり「あ、そっか~」と腑に落ちた顔になって静かになりました。

 

「(内心)え~~~~そんなすんなり思考を替えられるのね(驚)」

 

家族でいろいろと話しているとネガティブな話題になったりします。

それはしょうがない。そういうこと考えたいときもあるもんね。

でも、相手がその話題で辛そうだったり、自分がその話題で疲れてしまうなら、その話は今、共有しなくても良いことのような気がします。

そんな時は「でも、今夜を楽しもう!」(夕方バージョン)と言ってみたりします。

「でも、朝を楽しもう!」

「でも、今を楽しもう!」

「でも、ごはんを楽しもう!」

 「今、これやろう!」

 

ぐだぐだと嫌な気分を引きずることに慣れてしまっている状態 の時には、こんな気持ちの切り替えはすぐにはできませんでした。

でも、ただひたすらに良い気分でいたいと願いながら、良い気分でいるための言葉と行動を繰り返していたら、嫌な気分から切り替わった直後に嫌な気分を振り返って思い出さなくなりました。

これ、面白いです。

そこに嫌な気分は確かにあると思えるのに、振り返らないでいられる。

確認しないでいられる。

嫌な気分を過去に置いていく感覚です。

 

もう、嫌な気分を確認して、自分を責めなくてもいい。

嫌な気分を確認して、良い気分にしようと頑張らなくてもいい。

良い気分はいつもすぐそばにあると感じられるのは、とても快適です。

 

お砂糖ひとさじで

毎日を同じように気分良く繰り返すことが楽しくなってきたので、毎日が大切になりました。

だって、毎日、気分良く過ごそうと思えば過ごせるから。

ちょっとの深呼吸で、ちょっとのお菓子で、ちょっと道を変えるだけで、ちょっと空を見上げるだけで、ちょっと好きな本を開くだけで、ちょっとココアで一息つくだけで…

確実に気分は変わります。良い気分が続かなくてもいいのです。だって、気分が良い方に変わったことにイチイチ感動できますからね!

幸せは身近にあるものです。

 

子供のころ何かというと観ていた映画があります。

当時ビデオテープが擦り切れるほど観た映画。

『メリーポピンズ』です。

今になってやっとこの曲の良さがわかりました(笑)

 

 

 

In ev'ry job that must be done
There is an element of fun
You find the fun and snap!
The job's a game

And ev'ry task you undertake
Becomes a piece of cake
A lark! A spree! It's very clear to see that

A Spoonful of sugar helps the medicine go down
The medicine go down-wown
The medicine go down
Just a spoonful of sugar helps the medicine go down
In a most delightful way

 「お砂糖ひとさじで」というようなタイトルの曲です。

”やらなきゃいけない仕事には必ず愉しみがあるもの。それを見つけたら仕事も遊びになっちゃう。少しの砂糖をかけるだけで苦い薬が飲めるようにね!”

ってな感じの曲です。

”コマドリさんは巣を作るときには歌を歌いながら作って楽しむし、ミツバチは蜜を運ぶ時にこっそり少しずつ蜜をなめてるのよ”

そうそう。

しかめっ面で仕事やってます!!ってアピールする時代は終わってます。

いかに楽しくいかにすがすがしく仕事をするか。ポーズではなくて、愉しみを見つけられるか。

お砂糖を作っても良し、見つけても良し、自分なりのやり方を見つけたら、動画の魔法のように気づくと楽しく夢中になって終わっていたりします。

 

あなたのお砂糖は何ですか?

 

毎日を気分良く過ごすとラッキーがやってきますよ♪

***********************************

今日はこの辺で。

お読みいただきありがとうございました(*^-^*)

また明日。

 

よろしければ応援おねげします。


にほんブログ村 

 
にほんブログ村

 

 ↓こちらもぜひ。

www.coraku.com

www.coraku.com