こどものようにラクに生きる

「頭・心・身体」を意識して『引き寄せの法則』を子育てとともに実践する

うっかりやっちゃう「衝動」~創造のワークショップ~day33

いつの間にかブログも一か月続けることができました(*^-^*)

三日坊主の朝令暮改の私が一か月も続けられたのは引き寄せの法則の賜物です。

 

実は私、もう一つ非公開のブログを持っております。

そちらには自分の願望が叶った後のブログを書いています。

コレ、おすすめですよ。happyさんの真似ですが、完璧な自分のブログを作れて結構楽しいです。

でも、これも書いて楽しめるようになったのは最近です。

やり始めはどうしても、過去の波動に合った経験がやってくるし、今までの思考の癖が抜けないので、叶った後の気持ちで書くまではいいけど、その後、なんだか自己嫌悪に陥ったり、恥ずかしくなったりしてました。悪循環ぽくなったりね。

これからもするかもしれないけど、減ってきたなー、そして気にならなくなった。

というか、宇宙の法則が自分の中に定着してきた気がいたします。

うっかりやっちゃう「衝動」

今まで、ずーっと楽に生きたいと願って生きてきました。(笑)

子供のころから、宿題とか努力とか「自分の為という名のもとにやらせられるもの」。そういう強制されるものが嫌いで、のらりくらりと抵抗して生きてきました。

でもね、自分のやりたいを叶えるには、この物質世界で生きる以上、ある程度やらなきゃ(がんばらなきゃ)ならないのです。

 

このある程度やらなきゃいけないってのも、上記の延長で捉えていた私は抵抗していました。

こじれてこじれて、「自分の為に良いことするのは嫌」みたいな極論になったりして。。。

ややこしいですね。別に誰にも強制されていないのに、まさに反抗期でしたね。自分を貶めてまで相手を否定したい、、相手のせいにしたい。みたいな?何かに対抗する意識が強かったのでしょう。おーこわい(笑)

 

巡り巡って、そういうのの打開策を考えてました。「うっかりやってた!」ってな具合に衝動的に集中してやってしまえば、いいんじゃない?って。

だから、衝動のスイッチをずーっと探していました。

 

で、私が考えた衝動のスイッチとは自分の「やりたい」っていう気持ちでした。その情熱。

 掃除の記事の時が良い例だけど、自分が「やりたい」って思わないと動けないです。

エイブラハムさんの仰る通り、自分のやりたいことをやってるのよ。掃除したくないからしないをやってた。それを無理くり「何でできないんだ、やらなきゃ」ってやってもダメ。

「やりたい」って気持ちをたくさん明確に引き出して自覚すると、衝動的にやっちゃう状態がやってくるんだと思う。

 

その「やりたい」ってやつは一つ出てくると、ぽろぽろ出てくるもので、その出てきたやつ(この場合は「掃除の出来る小ぎれいな女になる」)のためなら嫌いなお掃除も「やりたい」に変わってしまうわけです。

 

あなたがこの人生でやりたいことは何ですか?

これもまた引き寄せの法則ですね(*´ω`*)

この宇宙の法則を知って、良い気分で生きるメリットや良い波動を出すメリットを知って、それを実践してみて楽しくなってきたので、いよいよ「創造のワークショップ」をやってみています。

 

その詳細についてはまた明日。

本日もお読みいただきありがとうございました。


にほんブログ村 


にほんブログ村 

 

f:id:coraku:20170103194157j:plain

 

良ければこちらも↓ 

www.coraku.com

 

www.coraku.com